なぜ関節痛は高齢者に多いのか?

関節痛はなぜ高齢者に多いのか?原因はやはり老化にある? - 関節リウマチには典型的な関節痛があります

関節リウマチには典型的な関節痛があります

日頃の不摂生であったり老化なども関節痛の大きな原因になります。とはいえ仕組みがよくわからないパターンも少なくありません。例えば関節リウマチには典型的な関節痛があるようです。

関節リウマチは高齢女性に多い

関節リウマチは、自己免疫疾患のひとつです。つまり本来は細菌などの外敵に対して戦うべき免疫システムが、自分の身体を敵とみなしてしまい暴走した結果と考えられています。

現在日本に患者が70万人以上いると推計され、男女比を見ると、女性の方が約四倍多いと言われています。発症のピークは40歳前後ですが、高齢になるほどリスクも上がり症状も悪化するようです。

主な症状は、手のこわばりです

関節リウマチの主な症状は、手のこわばりです。特に初期状態では、朝方に手が痛い、動かない、そんな日々が続くようです。とはいえ数時間で解消されるので見過ごしがちです。

しかし免疫の異常が原因とされているため、放置しても自然治癒することはありません。もちろん早期であれば老化や疲れなどと誤認しがちですが、諦めてはいけません。どんどん症状が進行し、関節が固まってしまうことも稀ではないからです。

有効な治療法もあります

かつて関節リウマチは慢性化して治らない病気の代名詞でもありました。しかし現在では、有効な治療薬も見つかっています。関節痛を和らげる方法もありますので、専門医に診察してもらうことをおすすめします。

混同しやすい疾患にリウマチ性多発筋痛症があります。リウマチの名前がありますが、関節リウマチとは別物です。とはいえ免疫異常が原因と考えられ、関節痛や筋肉痛があり、高齢者に多いことは同じです。

早めに治療を始めましょう

現状の医学においても関節リウマチを完治させることは難しいようです。とはいえ早期で見つかれば進行を止める薬があります。高齢を理由として躊躇することなく、早めに医師と相談して治療を始めましょう。

関連する記事

Copyright(C)2015 なぜ関節痛は高齢者に多いのか? All Rights Reserved.