なぜ関節痛は高齢者に多いのか?

関節痛はなぜ高齢者に多いのか?原因はやはり老化にある? - なぜ関節痛は高齢者に多いのか?

なぜ関節痛は高齢者に多いのか?

年をとると身体の様々な部分にトラブルが生じます。例えば関節痛があります。とはいえなぜ関節痛は高齢者に多いのでしょうか。もちろん老化現象ですが、他にも要因はありそうです。

関節痛の原因は老化です

関節痛と言っても場所は様々ですが、最も多いと指摘されるのが膝です。そのほとんどが変形性膝関節症と考えられています。自覚症状を有する人だけで1000万人!潜在的には3000万人いるとか。この大半は高齢者です。
eaga
そもそも関節が痛む理由は、老化です。関節で骨と骨が向き合う部分には軟骨がありますが、それがすり減って神経を刺激するからです。長年関節を使っていれば、ボロボロになるのは否めない事実です。

また高齢になると代謝機能も衰えます。骨の再生力も低下します。食が細くなるので栄養分も不足しがちです。筋肉も萎えるので関節を支えるのが難しくなります。これらも関節を傷める要因と考えられています。

過度な運動もリスク要因です

関節痛を予防、改善するために適度な運動が推奨されます。とはいえ適度は難しいですね。人によっては過度な運動となり、関節を傷めるなど逆効果に陥ることが珍しくないようです。

若い時に運動をしていた高齢者は、自分を過信しがちです。まだ若い!そう思い込んでいませんか。気持ちよりも身体の方が先に老化していきます。ちょっと躓いて骨折する人も少なくありません。関節を捻る事故も増えています。

生活習慣病にも要注意です

近年問題になっているのは高齢者の生活習慣病です。もちろん小太り体型の方が長生きするとのデータもあります。とはいえそれなりの骨格や関節、筋肉があってこそ生きてくる話です。特に肥満は関節への負荷が大きいようです。

生活習慣病の中でも注意したいのは糖尿病です。代謝が衰えたり血行が悪くなるので骨や関節のメンテナンスが難しくなります。適度な栄養補給もできなくなるため結果的として関節痛を起こす、悪化させることになります。

一方で痛風には典型的な関節痛があります。ただし一過性の場合もあるので油断してしまいます。それでも第二波が来た際は、覚悟すべきです。そうやって身体がどんどん蝕まれていくことになるのです。

免疫力の低下も心配です

細菌やウイルスによる感染性関節炎も心配です。日本社会が過度に潔癖となったので、免疫機能が低下してしまったようです。本来なら対処できる身近な常在菌によって関節痛が起きるケースが増えています。

年齢と共に免疫力も徐々に衰えていきます。これは否めない事実です。突然風邪で寝込むようなことが増えたなら、注意しましょう。同時に関節痛があれば感染性関節炎かもしれません。早めに医療施設で治療してもらいましょう。

関節リウマチは女性に多いようです

thsts高齢者の関節炎と言えば、関節リウマチも忘れてはいけません。約4倍ほど女性に多い疾患です。発症のピークは40歳前後ですが、若年性も珍しくないし、高齢になった後でも油断はできません。

関節リウマチの初期症状は、朝に繰り返す手のこわばりです。痛みやしびれ、動かしにくいなどの自覚があれば、早めに治療を始めましょう。今なら進行を止めてくれる有効な薬が開発されています。

似たような自己免疫疾患として全身性エリテマトーデスがあります。これまでは若年者が罹る病気と考えられていましたが、一度罹ると完治することはありません。また最近では高齢者でも発症するケースがあると指摘されています。

原因を取り除きましょう

関節痛が起きる主な理由は老化です。しかし他にも様々な要因が関与しています。高齢になると面倒なことも増えますが、まずは原因を取り除きましょう。そうすることで運動機能も高まり関節痛を克服することができるかもしれません。

関節痛に効くサプリをご紹介

関節痛の緩和にはサプリ http://kansetsu-report.link/

Copyright(C)2015 なぜ関節痛は高齢者に多いのか? All Rights Reserved.